★珍曲・コミックソングの館へようこそ★
キティ.jpg ★きっといいことあるかな?★ 体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに - 珍曲・コミックソングの館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに


チリにあるアタカマ砂漠で2003年、今からおよそ10年前に発見された体長15㎝ほどのミイラ。人間そっくりの小型ミイラは一体何のミイラなのか?エイリアンなのか?「アタカマ・ヒューマノイド」というネーミングで話題を呼んだが、ついにその正体が判明したようだ。
アタカマ・ヒューマノイド2
アタカマ・ヒューマノイドは2003年10月19日、オスカー・ムニョスという男性が、アタカマ砂漠のゴーストタウンラノリアで発見したもので、ムニョス氏は発見当初、このミイラに関し、「人間とは異なる9本の肋骨があり、頭の形が極端に長く膨らんでいて、皮膚はウロコで覆われているようだった」と語っていた。
 結局このミイラは人間の胎児だったそうだ。胎児というか胎児サイズで出産後6~8年生き延びた男性だということなのだそうだ。その証拠に呼吸し、食べ物を代謝した後が見られたという。これは突然変異ではないかとみられている。
 これは、米カリフォルニア州スタンフォード大学の幹細胞生物学研究スタッフが行ったエックス線テストやDNA鑑定で明らかになったもので、エイリアンなどではなく、猿でもなく、人間の遺伝子を持っていたという。
アタカマ・ヒューマノイド3
アタカマ・ヒューマノイド4
アタカマ・ヒューマノイド5
この調査結果は、今週月曜、ドキュメンタリー映画「シリウス」の上映により明らかになった。映画内でスタンフォード大学の研究者らが、 '人間'であるという結論をだしている。
15㎝ほどしかない胎児ほどの人間が6~8年も生きていた?正体がわかってもそっちにびっくりするおともだちも多いだろう。この真相は、ドキュメンタリー映画「シリウス」を見ることで解明できるかもしれないし、そうでもないのかもしれない。
アタカマ・ヒューマノイド6
--------------------------------------------------------------------------------
なぁーんだ人間かー
又一つ ロマンが消えました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おいでやす
プロフィール

アラブの大富豪

Author:アラブの大富豪
珍曲・コミックソングの館へ ようこそ!
暇つぶしに 変な曲でも聴いておくれやす

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
懐メロ
7位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。