★珍曲・コミックソングの館へようこそ★
キティ.jpg ★きっといいことあるかな?★ ダジャレ開運グッズで“億当せん”続出の激ツキ宝くじ売り場 - 珍曲・コミックソングの館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダジャレ開運グッズで“億当せん”続出の激ツキ宝くじ売り場

史上最高の6億円が当たる年末ジャンボが、いよいよ発売開始。売り場には連日、長蛇の列ができているが、これまで“億当せん”を16本も出してきた激ツキ売り場が岐阜県にあるという。
 それが、「平川たばこ店」だ。1999年以降のドリーム、サマー、年末の3大ジャンボで、1億円以上の当せんを16本も出し、2008年の年末ジャンボでは1等3億円が飛び出している。1等が当たる「一斗樽」、幸せを渡す「たわし」、当たり「鯛」など、高額当せんを連想させる“ダジャレ置物”で有名な売り場だ。
 代表取締役・平川美和子さんが、全国各地の売り場を見学しに行っては、各地の風習からヒントを得ているという。
「お酒で有名な盛岡に行った時に、居酒屋で隣り合わせたお客さんと、主人がお酒をどのぐらい飲むかという話になって。『うちの主人は1合じゃ足りないな。樽ぐらいかな…。これだ! 一斗樽で1等当たる!』と思いついたんです(笑い)」(平川さん)
 ほかにも、たわしで背中をこすることで“厄払い”をする風習のある仙台では、「幸せ渡しますの“たわし”だ!」と思いついた。“ダジャレ置物”が置かれるようになったのは、1995年に平川さんが責任者になってから。
 その恩恵からか、急に激ツキ売り場に変貌を遂げて、16本に及ぶ高額当せん者を輩出しているのだ。


483億円の宝くじ当選
約2カ月間当選者が出なかったため、賞金が5億8800万ドル(約483億円)に膨れ上がった米国の宝くじ「パワーボール」の抽選が28日に行われ、2枚が当選した。米史上2番目の高額。米メディアが報じた。当選者は西部アリゾナ州と中西部ミズーリ州の2人。当たりくじを購入する確率は1億7500万分の1だった。宝くじの運営組織は、当選者が名乗り出てきたかどうか明らかにしていない


年末ジャンボ宝くじが売り出されました
海の向こうでも景気の良い話が舞い込んできました
オヤジの懐にも 迷い込んで来ないかなー
中々縁がないですが いつかきっと当たりたい
明るい老後は 目の前だぁー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おいでやす
プロフィール

アラブの大富豪

Author:アラブの大富豪
珍曲・コミックソングの館へ ようこそ!
暇つぶしに 変な曲でも聴いておくれやす

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
懐メロ
10位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。