★珍曲・コミックソングの館へようこそ★
キティ.jpg ★きっといいことあるかな?★ 豆知識 - 珍曲・コミックソングの館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドの乳児死亡率が世界一低いのは段ボールで赤ん坊を育てているから

フィンランドでは75年前から政府が妊婦に「段ボール箱」を贈っています。この箱の中には衣服やシーツ、玩具などが入っており、さらに箱自体を赤ん坊のベットとして使うこともできるという、まさに妊婦用のスターターキットのような箱なのですが、これがフィンランドの乳児死亡率を世界で1番低くしている要因だ、と主張する人もいる程に信頼されているものでもあります。
政府から妊婦への贈り物であるこの箱は、1930年代から続いているもので、どのような生まれの妊婦にも贈られます。さらに、妊婦は箱を受け取るか現金140ユーロ(約1万8000円)を受け取るかを選ぶことも可能なのですが、95%もの妊婦が箱を受け取ることを選ぶ、とのこと。
箱の伝統は1938年から始まり、当初は低所得の家庭にのみ与えられるものでした。箱には妊婦が乳児の世話をする際に必要なものがびっしりと詰まっており、これがきっかけで医者や看護婦のところへ妊婦が自ら診察に向かう、ということにもつながったようです。1930年代のフィンランドは貧しい福祉国家で、その頃は1000人中65人もの赤ん坊が死亡していたのですが、この乳児死亡率はその後数十年の間に急速に改善されています
フィンランド国立健康福祉研究所の教授であるMika Gissler氏によると、「1940年代から続いているマタニティボックス(妊婦になると政府からもらえる段ボール箱)と妊婦へのケア、そして1960年代から始まった国民健康保険システムと中央病院ネットワークなどの一連の福祉システム」により乳児死亡率の急速な低下が起こったとのこと。
2013年に提供されたマタニティボックスの中身は以下の通り
マットレス・マットレスカバー・シーツ・羽毛布団カバー・毛布・乳児のベットになる箱本体・スノースーツ・帽子・ミトン・靴・フード付きの軽い服・ニットのオーバーオール・ソックス・ニット帽子・目だし帽・動きやすい上下続きの服・男女ともに使える色や柄のレギンス・フード付きバスタオル・爪切りばさみ・ヘアブラシ・歯ブラシ・お風呂の温度計・おむつクリーム・洗体用の布・布おむつセット・乳児用ガーゼ・絵本・噛んでも大丈夫なおもちゃ・ブラジャー・コンドーム
そしてKlemettiさんの娘である23歳のSoljaさんも、彼女の母親や祖母が使ってきた箱を政府から受け取ったとのことで、3世代もの母親が箱を使って自分の子どもを育ててきており、この箱がいかにフィンランドに根付いたものかがうかがえます。
マタニティボックスの中身は年々変化しています。1930年から1940年代にかけての母親たちは衣服を作るのに慣れていたので箱の中には布が入っていましたが、第二次世界大戦中には多くの布が必要になったので、箱の中身のいくつかは紙製のものに取り換えられました。50年代は既製品の衣服が多くなり、60~70年代にかけては新しい伸縮性のある繊維が生地に使われるようになったとのこと。2000年頃には環境問題などから使い捨てのおむつは支持を失い、布おむつが再び箱の中に入れられるようになります。
「かつては親と赤ん坊は同じベットで寝ていましたが、これはやめた方がよいと考えられており、箱をベットとして提供することが、赤ん坊と親を別々に眠らせるということにつながってくれる」とヘルシンキ大学でフィンランド語の教授をしているPanu Pulma氏は言います。母乳で子どもを育てさせるために、箱の中にはほ乳瓶や粉ミルクは入っていません。さらにPulma氏いわく「箱を配ることの1つの目標でもある、母乳で乳児を育てさせることは現在達成されているんだ」とのこと。
このようにフィンランドでは箱が平等と子どもの大切さを表すシンボルになっているようです。
1
3
2
こんな子育て支援グッズ良いですねー
子は国の宝
大事にしたいものです
スポンサーサイト

受験生 必見!

暇な受験生は ご覧下さい

ナイツの言い間違いで覚える日本史
第1回「坂本龍馬」
第2回「徳川家康」
第3回「平賀源内」
第4回「豊臣秀吉」
第5回「伊達政宗」
第6回「聖徳太子」
第7回「源義経」
第8回「福沢諭吉」
第9回「二宮尊徳」
第10回「伊能忠敬」
<おまけ>
その時歴史が動いた
平将門 東国独立政権
謙信、恐るべし
二宮金次郎 ~天保の大飢饉を救う~

世界のリーダーたちはこんなところに住んでいる…各国の官邸・公邸いろいろ

アメリカ大統領とその家族がホワイトハウスに住んでいることは、世界中の誰もが知るところです。

しかしながら、その他の国家元首たちがどのような建物に住んでいるかと言われると、あまりピンと来ないかもしれません。

一国を担う長だけあって、その住まいは宮殿なみに立派なところが多いようです。

世界のリーダーたちの官邸・公邸をご紹介します
アメリカ
ご存じアメリカの「ホワイトハウス」。
イギリス
イギリス首相が住む「ダウニング街10番地」。
フランス
フランスの大統領官邸である「エリゼ宮殿」。
ドイツ
ドイツの連邦大統領官邸である「ベレヴュー宮殿」。
カナダ
カナダの首相官邸「24 サセックス・ドライブ」。
ブラジル
ブラジルの大統領の官邸「アルボダーラ宮」。
中国
香港の「香港礼賓府」 (ガバメントハウス)
ロシア
ロシアの大統領官邸「クレムリン」。
ドミニカ共和国
ドミニカ共和国の「ナショナル・パレス」。
タイ国王
タイ国王の「チットラダー宮殿」。
マレーシア
マレーシアの国王が住む「イスタナ・ネガラ」。
ベトナム
ベトナムの「大統領官邸」。
ペルー
ペルーの「ゴビエルノ宮殿」。

やはり国王や首相が住むだけあって、豪華で厳か感じの建物が多いですね。 その他、おもしろそうなところとしては、
アイスランド
こちらがアイスランドの大統領の住まい。
ルーマニア
ルーマニアの議事堂宮殿
ガーナ
ガーナ大統領の新しい住まい
ウルグアイ
「世界で一番貧困な大統領」と言われるウルグアイの大統領は、ここに住んでいるそうです。

ウルグアイ政府が所有する大統領官邸というのは別に存在するそうです。「世界一貧乏な大統領」とBBCが名付けたのは、自身の給料の9割近くを寄付し、この写真の「自宅」に同じく政治家である奥さんと犬とで暮らしている大統領を賞賛する意味合いではないかとのことです。
●ちなみに日本の総理大臣は、以下の通り。
日本の総理大臣1
総理大臣官邸(執務の拠点)
日本の総理大臣2
総理大臣公邸(居住する施設)

こうして見ると、日本は先進国や経済大国であるにしては、他国に比べ質素というか謙虚なたたずまいであるようには感じます
--------------------------------------------------------------------------------
皆さん世界のリーダー達は 立派なお住まいです
居心地は 良いんでしょうか?

あなたのルーツは何?

昔 アメリカのテレビドラマで「ルーツ」やってましたが
ご記憶の方みえるかな?
自分のルーツが足の指でわかる?そうです
果たしてあなたは何人か?
ちなみにおやじはエジプト人です
ピラミッド建設の奴隷か?

ルーツ

うっかり海外でやってしまうと人生が終わりかねない12の罪

ゴールデンウイークを海外で過ごそうとお考えのあなた
所変われば 法律も違います
知らなかったばっかりに お縄を頂戴することにならないようにしてください


法律は守らなければいけません。守らなければそれ相当の罰も待っています。
しかしながら、よその国の法律ともなると、それほど詳細に知らないことが多く、悪気はなくとも違法行為だったということもあります。
海外でこの行為をして捕まると、かなりまずいことになる12の罪をご紹介します

1.タイで王室を傷つける
タイでは君主制をとても重んじています。王室の名誉を少しでも損なうようなことがあれば、相応の高いツケを払わされます。
国外追放されている57歳のスイス人のオリバー・ジュファーさんは、ちょっと酔っ払ってしまったときに、現国王ラーマ9世の肖像画を汚してしまい、タイ裁判所から不敬罪として懲役10年の判決(最高75年)が下されました。その後ラーマ9世自身によって減刑されたそうです。

2.ドバイでいちゃいちゃ
厳密に言えばドバイの観光地で手をつなぐことも違法になります。2008年にはビーチでキスをしたイギリス人カップルが逮捕されて問題になりましたが、男女が本能のまま行動すると思わぬ文化の壁が立ちはだかることになります。

3.ブータンで喫煙
この小さなヒマラヤの国にタバコを持って入るだけでも100%の税金が課されます。公共で喫煙をするとさらに225ドル(約1.8万円)を支払うことになり、もしタバコを売っているところを捕まるとブータンの刑務所に入る可能性があります。

4.シンガポールで落書き
シンガポールは町を汚すことへの罪が重く、落書きだけでなく、ゴミのポイ捨て、交通規則違反、トイレの流し忘れなども違法となります。18歳のアメリカ人マイケル・フェイが落書きをしたときも同様で、彼は罰金、刑務所、そしてムチ打ち4回の刑が科されました。

5.イランでロマンス
イランの法律ではムスリム以外の男性がムスリムの女性と関係を持つことを違法としています。めったにないものの、欧米人でその類の逮捕者が出ているようです。当然捕まるとイランの刑務所で数年を過ごすことになります。

6.エルサルバドルで武器を所持
中米の国エルサルバドルで銃犯罪を規制するために出来た法律のようですが、銃の所持に対するライセンスに関して非常に厳しく取り締まっているようです。旅行者でこれに違反して拘束されている者がおり、これを破ると刑務所も必須です。

7.インドネシアで麻薬
インドネシアでなくとも麻薬の密輸を行うことはかなり愚かな行動ではありますが、インドネシアは世界でも特に麻薬の取り締まり方の厳しい国です。出身国を問わず、銃殺による死刑が科されます。

8.インドで牛を殺す
ヒンズー教の世界で牛を崇めるというのは誤解のあるコンセプトのようですが、実際に死なせてしまうことはインドのいくつかの州で違法となっており、憲法にも牛の保護が盛り込まれています。牛を殺めてしまうと重い罰金と最高5年の禁固刑が待っています。

9.スーダンでクマのぬいぐるみに「ムハンマド」と名付けること
教師のジリアン・ギボンズさんは痛い方法でこのことを知ることとなりました。彼女はクラスのマスコット的ぬいぐるみの名前をスーダンの生徒に選ばせたのですが、「ムハンマド」という名前が選出されたことにより、彼女は刑務所に入ることになりました。裁判では40回のムチ打ちはなんとかまぬがれたものの、緊張した中、釈放されるまで8日間拘留されました。

参照:テディベアに名前を付けた英国人女教師が逮捕、鞭打ち40回の恐れも

10.トルコで古美術品の売買
自国に持ち帰るためのトルコのお土産を見つけたとします。それがもし「アンティーク」のカテゴリーに入ろうものなら、そしてそのための正式な書類を持っていないとなると、刑務所行きのために出国が遅れることになります。

11.サウジアラビアで酒の摂取
サウジアラビアでは公式にアルコールの消費が違法となっています。ただし場所によって外国人がそのルールを曲げることを容認されていますが、ムチ打ちの公開処刑を避けたければ、あるいはアル中を治したいなら、一切触れないのがいいでしょう。

12.アメリカで不法侵入
当然ながらどこの国であろうと他人の家への不法侵入はいけないことです。不法侵入に対する罰は大抵の国にありますが、アメリカの場合は各家庭の5割に銃があるため、警察が来るより前に自分の命の命運が決してしまうことが多いのです。

いつ何時、見知らぬ国へ行くことがあるかもしれませんが、知っているだけでトラブルは避けられるかもしれません


おいでやす
プロフィール

アラブの大富豪

Author:アラブの大富豪
珍曲・コミックソングの館へ ようこそ!
暇つぶしに 変な曲でも聴いておくれやす

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
懐メロ
9位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。